遺言書を作成したい方

誰にでも起こり得る相続トラブル 避けるためには遺言が大切

遺言書作成の重要性

相続は相続する側、される側にも大きな心配がつきまといます。

もしかすると、「うちに限って、相続でもめるなんてありえない」「たいした財産もないのに遺言なんて…」と思う方も多いかもしれません。

ところが、実際に相続が発生し、財産が絡んでくると、兄弟が豹変したり、知らない人が名乗り出てきたりと、予想もしなかった状況が起こり得るのです。

また、相続の問題は非常に根が深く、法律だけでは解決できない感情の問題が多く含まれています。親族という近しい間柄も手伝って、一度、こじれてしまうと収拾がつかなくなってしまうのも、大きな特徴です。

そんな状況に陥らないためには、「遺言を書く」、もしくは「遺言を書いてもらう」ことが殆ど、唯一の方法と言えます。

もちろん例外もありますが、「遺言書」があれば、概ね、亡くなった人の意思が尊重される結果に展開し、相続人も納得しやすくなるものです。

遺言書がないまま、相続となると、亡くなった人と相続人との両方が満足するのは、なかなか難しいかもしれません。

遺言書の作成には弁護士の助けが必要

しかし、これを受けて、「そうか、遺言書を書いておこう」とか、「よし、親に遺言書を書いてもらおう」と思っても、真に法律的に有効な遺言書を作成するのは、1人ではかなり困難です。

また、お父様やお母様に作成してもらう場合には、どのように説得して書いてもらうのか、という問題もあります。

さらに、遺言書を残したい方の事情や財産状況は多種多様であるため、これといった正攻法がないのも難しいところです。例えば、こんなお悩みをお持ちの方はいないでしょうか?

・子供たちの仲が悪くて、このままだとトラブルになりそうなので遺言を残したい

・事情があって、特定の子供に多くの財産を承継したい

・法定相続とは違う形で、財産を譲りたい

・親自身も財産が把握しきれていないようなので、一度整理してもらいたい

こういった悩みを解決する際に、財産状況の把握、法定相続分を踏まえた検討等…想像以上に複雑な問題が絡んでくるのは、想像に難くありません。

そこで、もしお困りであれば、自分だけ、親族だけで判断するのではなく、専門家である弁護士にご相談されることをお勧めします。

将来的に混乱が生じ、親族がばらばらにならないためにも、遺言書の準備は、適切に行いましょう。

遺言の保管場所や遺言内容の実現についても考えておきましょう

加えて、遺言書は書いておしまい、ではありません。あなたが生きている間の遺言の保管場所と万が一の場合に遺言内容を実現してもらう人についてもしっかり考えておく必要があります。

遺言の保管場所は、遺言を勝手に作り変えられてしまったり、どこか別の場所に隠されて存在がなかったことにされてしまったり、そういうことが起きない場所に保管が必要です。

また、あなたの万が一の時に、遺言の内容をしっかり実現してもらうためにも、遺言執行者を決めておく必要があります。遺言執行者も慎重に信頼出来る人に依頼することが重要となります。

遺言の保管場所や遺言内容の実現について詳しくはこちら>>

相続のワンストップ無料相談受付中! 087-832-0550 平日 9:00~18:00 休日・夜間相談対応可 お気軽にお問い合わせください!

無料相談の詳細はこちら

当事務所にお問い合わせの多い内容

相続のワンストップ無料相談受付中! 087-832-0550 平日 9:00~18:00 休日・夜間相談対応可 お気軽にお問い合わせください!

無料相談の詳細はこちら