遺産分割調停と審判

・どうしても遺産分割協議がまとまらない

・話合いが堂々めぐりで一向に進まない

・相続人の一部が、そもそも話し合いに応じてくれない

 

このような場合は、遺産分割調停を家庭裁判所に申立てる方法があります。調停を申し立てるべきか、交渉を続けるべきか、判断が難しい場合は、専門家である弁護士に相談されると良いでしょう。

遺産分割調停の申立を考えている方へ>>

また、突然、他の相続人から調停を申し立てられてしまうこともあります。いきなり調停を申し立てられた側は戸惑ってしまうものです。調停手続の流れや進め方をアドバイスさせていただきますので、そのような場合も、弁護士にご相談ください。

遺産分割調停の申立をされてしまった方へ>>

このページでは、遺産分割調停と審判について、ご説明いたします。

遺産分割調停とは

遺産分割調停は、家庭裁判所に、相続人の1人又は複数人が、残りの相続人を相手に申し立てます。

調停では、調停委員を仲介者として、相手方と交渉を進めます。調停は月1回程度行われ、調停委員は仲介者として、遺産分割がまとまるようにアドバイスをしてくれます。

調停がまとまったら、調停調書にその内容がまとめられ、それにもとづいて相続を行うことになります。

 

遺産分割調停の申立をしたほうが良い場合

・遺産分割協議を当事者間で進めてみたが、ある1人の相続人が自分の取り分を多くしたいといってきかない

・主張が2つに分裂し、いくら協議を続けてもらちがあかない

・そもそも話合いに応じようとしない、連絡がつかない

・遺産の価値について評価額が異なり譲れない

上記のような場合に、遺産分割調停の申立を行うと、遺産分割が進みやすくなります。

遺産分割調停の申立をお考えの方へ

調停に当っては、弁護士に事前にアドバイスを受けるか、代理人になってもらって、一緒に調停に出てもらうのが良いでしょう。

また、調停の相手方が弁護士をつけてきた場合には、プロ対素人の構図になってしまい、不利になってしまう場合が多いと思われますので、その場合は、こちらも弁護士をつけられることを勧めます。

遺産分割調停に移行すると相続の問題解決までの時間が非常に長くなることが多いです。

当事務所でも3年以上ご依頼者の方が裁判所に通われるような事例を見ており、そのご依頼者の方がとても精神的に傷つかれている姿を見るととてもやるせなくなることもございます。

遺産分割調停はあくまで、交渉がどうしようもなくなった際に利用する手段です。

当事務所ではできるだけ交渉で遺産分割を終えることをお勧めしています。ご家族の仲を悪化させてしまう調停に進展する前に、できるだけお早目のご相談をお待ちしております。

遺産分割調停の段階から弁護士に依頼するメリット

調停では、その場で判断を求められることもありますので、うっかり不利な発言をしてしまうこともあります。法的知識に裏打ちされた的確な主張が要求されます。調停委員をいかに味方につけ交渉を優位に進めるかという点も大事な要素です。

調停の段階では、知識も経験もある弁護士に依頼するメリットは大きいでしょう。

調停を有利に進めるためには、相手方の前に、まず調停委員を納得させるということが肝要です。調停員を納得させるために、証拠を用いて、うまく主張を組み立てることができるか、ということが重要になります。

調停がまとまらない場合、当然、審判に移行することになりますので、審判になった場合を想定して、交渉をすることも重要です。引き際も心得ておく必要があります。

主張の組み立てや、審判移行後の見通し、というのは相続に積極的に取り組み、実際に調停を経験している弁護士だからこそ熟知していることです。よほどご自身の法的知識が豊富で、交渉力に自信がない限りは、弁護士に依頼されることをおすすめいたします。

 

相続争いが発生している方へ

遺産分割調停を申し立てられてしまった方へ

遺産分割協議を進められているときに、突然、遺産分割調停の申立を受けた旨が記載された手紙が裁判所から届く場合があります。

その場合でも、無視をせず、または焦って感情的になり性急な対応をしたりせずに、法律の知識がある専門家にご相談ください。

調停は話し合いの場ですので,柔軟に早期の解決を図ることができたり,予想以上に相手方から譲歩を引き出すことができたりする場合もあります。

他方で審判では,もはや対立関係が深刻となってしまい,そのようなことが望めないことも少なくありません。

遺産分割調停を弁護士に依頼するメリット

調停では、その場で判断を求められることもありますので、うっかり不利な発言をしてしまうこともあります。法的知識に裏打ちされた的確な主張が要求されます。調停委員をいかに味方につけ交渉を優位に進めるかという点も大事な要素です。

調停の段階では、知識も経験もある弁護士に依頼するメリットは大きいでしょう。

調停を有利に進めるためには、相手方の前に、まず調停委員を納得させるということが肝要です。調停員を納得させるために、証拠を用いて、うまく主張を組み立てることができるか、ということが重要になります。

調停がまとまらない場合、当然、審判に移行することになりますので、審判になった場合を想定して、交渉をすることも重要です。引き際も心得ておく必要があります。

主張の組み立てや、審判移行後の見通し、というのは相続に積極的に取り組み、実際に調停を経験している弁護士だからこそ熟知していることです。よほどご自身の法的知識が豊富で、交渉力に自信がない限りは、弁護士に依頼されることをおすすめいたします。

 

相続争いが発生している方へ

遺産分割審判とは

遺産分割の調停が不調に終わった場合、自動的に審判手続きに移行します。

遺産分割審判では、1か月から2か月に1回のペースで、通常1~2年、長ければ3年以上かかります。

審判では、裁判官が、双方の主張を聞いたうえで、審判を下します。審判に不服がある場合は、2週間以内に抗告する必要があり、できるだけご本人ではなく、法律の専門家に依頼したほうが良いことが多いです。

遺産分割審判が発生したら、必ず弁護士に相談しましょう

遺産分割審判は、調停のような話合いの場ではありません。法的根拠のある主張と主張を裏付ける証拠を的確に提出しなければなりません。

調停と比べると、裁判所に要求されるレベルがグッとあがります。

審判になってしまった場合は、ご本人で対応するのではなく、法律の専門家に依頼したほうが良いことが多いです。

特に、審判まで進展した場合に、自分の希望を実現するための法的主張をしっかり組み立てるには、弁護士と綿密な打合せをすることが重要となります。

相続に積極的に取り組む弁護士は、そういった遺産分割審判においての法的主張の組み方を熟知しているとともに、法律的に重要な事実を見落とさないように、確実に把握して、依頼者の希望を実現できるよう進めることが可能です。

審判まで移行するということは、対立がかなり激しい場合です。そして、審判に移行することで一層、対立が激しくなるということもあります。

こうなると、親族間の仲は修復困難な状態になってしまうことも珍しくありません。大切なご家族の縁を守るためにも、できるだけ審判へ移行することは避け、交渉で遺産分割を終えられるようにすべきであると思います。

繰り返しにはなりますが、出来るだけ早め、遺産分割協議をこれから始めようという段階、遅くとも遺産分割調停を起こそうと考えている、起こされてしまったという段階で、ご相談にいらしてください。早ければ早いほど早期・円満に解決し、家族の縁を守ることの出来る可能性が高まります。そのため、弁護士への早期相談をおすすめしています。

 

遺産分割を円満に済ませたい方へ

 

相続争いが発生している方へ

相続のワンストップ無料相談受付中! 087-832-0550 平日 9:00~18:00 休日・夜間相談対応可 お気軽にお問い合わせください!

無料相談の詳細はこちら

当事務所にお問い合わせの多い内容

相続のワンストップ無料相談受付中! 087-832-0550 平日 9:00~18:00 休日・夜間相談対応可 お気軽にお問い合わせください!

無料相談の詳細はこちら