遺産分割でお困りの方へ

・遺産の中に株や不動産があり、公平な分け方がわからない

・長い間音信不通だったきょうだいが急に相続分を主張して困っている

・特定の相続人が過激な主張をしていて遺産分割協議がなかなかまとまらない

・相続人間の話合いが堂々めぐりで一向に進まない

・相続人の1人がそもそも話し合いに応じてくれない

 

話合いの進め方や主張の仕方によっては、感情のもつれを引き起こし、複雑な相続トラブルに発展してしまう可能性もあります。場合によっては、「家族の縁」が切れてしまうということもありえます。

遺産分割協議とは?

被相続人が遺言を残さないまま亡くなった場合、その遺産を分けるために、相続人の間で遺産分割協議を行うことになります。

遺産分割協議は、必ずしも全員が一同に集まって行う必要はなく、最終的に全員が合意できる協議内容が決まり、全員が遺産分割協議書に署名押印してくれれば、問題ありません。

遺産分割協議書の署名押印と印鑑証明をもらえれば、不動産の所有権移転登記などの相続手続きに進むことが出来ます。

逆に言うと、遺産分割協議書がなければ、これらの相続手続きが行えません。

遺産分割の流れについて>>

遺産分割協議がまとまらない場合は弁護士がサポート

当事務所では、依頼者が穏便な解決をご希望であれば、調停・審判といった裁判所における解決ではなく、相手方との交渉による解決を第一とし、可能な限り依頼者の希望を実現できるように努め、早期に解決に導くサポートをさせていただきます。

また、すでに相続争いが発生している場合や、依頼者が取り分の最大化を目指すために調停・審判などを実施する場合も、依頼者の希望を可能な限り実現できるよう努め、サポートいたします。

当事務所では、「お客様が遺産分割をどのように進めたいか」の方針を決定してから、遺産分割のサポートを進めさせていただきます。

 

できる限り争わないで、円満に解決されたい方

このようなことをお考えの方向けとなっております

・遺産分割は家族のこれまでの被相続人に対する貢献や家をだれが継ぐかということを優先して考えたいが、公平性は失わないようしたい

・特定の遺産に対するこだわりはないが、相続分にしたがって公平に分けた場合の自分の取り分は知っておきたい

・家族や親せきみんなが納得いく遺産の分け方を第三者の目から見て検討して欲しい

・遠方に親戚がいる、自分の仕事が忙しいなど、遺産分割を自力で進めるのが難しく、代理を依頼したい

 

遺産分割を円満に済ませたい方へ

すでに相続争いが発生し、取り分の最大化をめざしたい方

このようなことをお考えの方向けとなっております

・故人が書いた遺言書が出てきたが、当時故人は認知症で遺言を書けたとは思えない

・他の相続人同士が結託し、自分の意見を全然聞いてくれない

・他の相続人から家に住み続けるなら他の財産は渡さないなどと理不尽な要求を受けていて、なんとか対抗したい

・遺産分割を進めていたら、突然、裁判所から遺産分割調停の申し立ての書類が届いたので、対応策を検討したい

 

相続争いが発生している方へ

遺産分割協議書の作成方法が知りたい方

「遺産分割協議書の作成方法が知りたい」

「遺産分割協議書の作成でどうしてもわからないことがある」

「遺産分割協議書の作成で気をつけるべきポイントを解説してほしい」

という方向けに、遺産分割協議書の作成方法をまとめております。

また、「遺産分割協議書のひな型」をお探しの方も、ダウンロードいただけます!

遺産分割協議書の作成方法を知りたい方へ>>

当事務所にお問い合わせの多い内容

よくあるご質問について

遺産分割QA 相続手続QA 生前対策QA

相続のワンストップ無料相談受付中! 087-832-0550 平日 9:00~18:00 休日・夜間相談対応可 お気軽にお問い合わせください!

無料相談の詳細はこちら

相続のワンストップ無料相談受付中! 087-832-0550 平日 9:00~18:00 休日・夜間相談対応可 お気軽にお問い合わせください!

無料相談の詳細はこちら